ページの本文へ

Hitachi

日立コンシューマ・マーケティング株式会社 リビングサプライ社

加湿セラミックファンヒーター HLC-1230

カタログPDF

暖房も加湿も一台で。加湿セラミックファンヒーター

写真 HLC-1230

HLC-1230
オープン価格

オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。

写真 HLC-1230 加湿セラミックファンヒーター

加湿目安
木造住宅 コンクリート住宅
約8.5畳
(14.0m2)まで
約14畳
(23.0m2)まで
加湿量(mL/h)※1
50Hz 60Hz
500 460

※1 温風:強+加湿連続運転時

選べる温風運転温風+加湿運転
選べる運転コース

清潔お手入れラクラク抗菌※2 防カビ※3 加湿フィルター

抗菌※2防カビ※3処理したフィルターを採用。また、お手入れ簡単な引き出し式の加湿トレイを採用しています。

写真 抗菌 防カビ 加湿フィルター

 「HEPAフィルター」採用の吸気フィルター

「集塵捕集率99.97%以上」

風速:5.33cm/sec 、大気塵粒径:0.3〜0.5μm、試験方法:大気塵計数法

花粉※4・ダニ※4のアレル物質やウイルス※5を抑制し、抗菌※6・防カビ※7効果のある吸気フィルターを搭載。

写真 吸気フィルター

連続運転約8時間「大容量 約4.0Lタンク」

お休み時に便利「減灯&消音※8+「切タイマー」

「チャイルドロック」機能付き

本体が転倒したら通電を停止する「転倒OFFスイッチ」

※2
●試験機関:一般財団法人 ボーケン品質評価機構 ●試験方法:菌液吸収法(JIS L 1902) ●抗菌方法と場所:加湿フィルターに抗菌剤を加工 ●試験結果:99.9%の抗菌効果を確認
※3
●試験機関:一般財団法人 ボーケン品質評価機構 ●試験方法:湿式法(JIS Z 2911) ●抗菌方法と場所:加湿フィルターに防カビ剤を加工 ●試験結果:カビの生育を認めない。
※4
●試験機関:住化エンビロサイエンス株式会社 ●試験方法:ELISA法によるアレル低減化率測定試験 ●抗菌方法と場所:吸気フィルターに抗アレル剤を加工 ●試験結果:99%以上抑制
※5
●試験機関:一般財団法人 日本食品分析センター ●試験方法:ウイルス浮遊液による不活化試験 ●抗菌方法と場所:吸気フィルターに抗ウイルス剤を加工 ●試験結果:99.9%以上抑制
※6
●試験機関:一般財団法人 ボーケン品質評価機構 ●試験方法:菌液吸収法(JIS L 1902) ●抗菌方法と場所:吸気フィルターに抗菌剤を加工 ●試験結果:静菌活性値2.0以上
※7
●試験機関:一般財団法人 ボーケン品質評価機構 ●試験方法:ハロー法 ●抗菌方法と場所:吸気フィルターに防カビ剤を加工 ●試験結果:カビの生育を認めない。
※8
表示ランプが暗くなり、操作音が消えます。
加湿セラミックファンヒーターは、室温によって加湿量が変化します。また周囲の湿度が高いときは加湿量が減少する場合があります。
適用床面積は日本電機工業会規格(JEM1426)に基づいた目安です。ただし、壁や床の材質、建物の構造等によって異なります。加湿量は日本電機工業会の規格(JEM1426)に基づき、20℃・30%で測定しています。
幼児の近くや不安定な置き場所で使わないでください。 使用中や使用直後に持ち運ばないでください。
加湿セラミックファンヒーター暖房目安(寒冷地を除く)
加湿セラミックファンヒーター暖房目安(寒冷地を除く)
断熱材 木造住宅 コンクリート住宅
なし 約3畳(4.5m2)まで 約4畳(6.3m2)まで
50mm 約5畳(7.9m2)まで 約8畳(11.8m2)まで
1m2当たり必要W数の計算基準 
1m2当たり必要W数の計算基準
構造 木造住宅 コンクリート住宅
断熱材(mm) なし 50 なし 50
1m2当たり(W) 244 140 174 93

加湿セラミックファンヒーターの暖房の目安は、日本電機工業会の統一基準によります。室内外温度差15℃の地区で、1畳=1.65m2として(50Hzを基準として)算出しています。

仕様表
型式 本体寸法(cm)
[幅・奥行・高さ]
本体質量
(kg)
加湿量(mL/h)
(50/60Hz)
タンク
容量(L)
消費電力(W)
(50/60Hz)
電気代
(円/h)(税込)
(50/60Hz)
HLC-1230 41.0×21.0×41.5 約4.8
(水を除く)
約500/460
(温風強+加湿連続運転時)
約4.0 1,130/1,100
(温風強運転時)
約30.5/約29.7

製造元:日立コンシューマ・マーケティング(株)

別売品

●加湿セラミックファンヒーター 交換用加湿フィルター

  • HLC-14F〈HLC-1230、1220用〉
    希望小売価格2,500円(税別)
  • HLC-12F〈HLC-1210、HLC-1200用〉
    希望小売価格1,400円(税別)
  • HLC-13F〈HLC-1300用〉
    希望小売価格1,600円(税別)

■加湿フィルターの交換目安 HLC-14F:約18ヶ月/HLC-12F・HLC-13F:約6ヶ月

1日の使用期間を8時間、1シーズンを6ヶ月とし、HLC-14Fは2週間に1回、HLC-12F・HLC-13Fは3週間に1回お手入れをした場合の目安。
定格加湿能力に対し加湿能力が50%に落ちるまでの期間。
水質、使用環境によって加湿フィルターの交換時期は早くなることがあります。
安全に関するご注意

安全に関するご注意

安全に関するご注意

  • ご使用の前に「取扱説明書」をよくお読みの上、正しくお使いください。
  • 消費電力が1kW以上の機器は、定格15A以上の電源コンセントに直接接続してお使いください。火災の原因となります。
  • ペットの暖房や衣類の乾燥等、本来の用途以外に使用しないでください。
  • 初めてご使用になるときは、煙や塗料のニオイなどが出ることがありますが異常ではありません。そのままお使いください。ご使用にともない出なくなりますが、煙やニオイが出た場合は十分換気をしてご使用ください。
  • 水槽部やタンクの水は水道水を使い、毎日新しい水と入れ替えてください。
  • 本体水槽部は1週間に1〜2回程度掃除し、いつも清潔にしてお使いください。
  • 水槽部を掃除しないでそのまま使用を続けますと、よごれや水アカで加湿量が低下したり、カビや雑菌が繁殖し悪臭がすることがあります。
  • 実際の商品の色とは多少異なっています。
  • 電気代は新電力料金目安単価27円/kWh(税込)にて計算。
  • 商品の価格には、配送・設置調整・使用済み商品の引き取り等の費用は含まれておりません。